インターネットと自動契約機を使って、スムーズにキャッシング

消費者金融のキャッシングを利用する際に、直接店舗に行って窓口で申し込んだ、という人は少数派です。窓口で有人対応をしている店舗は、大手消費者金融でも意外なほど少なく、全国に20店舗前後しか展開されていない場合がほとんどです。そのため、消費者金融の店舗と言うと、自動契約機を指すことが多くなっています。

自動契約機は、申込みからローンカードの受け取りまで全ての手続きができる便利な場所です。一方で、全ての手続きを自動契約機で完了させようとすると、待ち時間もできるため、恐ろしく時間がかかってしまいます。

申込みをしようとしたら、必要書類がそろっていなかった等が判明し、出直さなければならない、といったことも起こりえます。

そのため、なるべく簡潔に手続きを完了させるために、まずインターネットで申し込み手続きを行い、審査待ちの時間を利用して近くの自動契約機に出向き、そこでカードを受け取って現金を引き出す、という方法が主流となっています。

自動契約機はオペレーターにつながる電話も備えられているので、わからないことがあればその場で問い合わせることもできます。

窓口対応している店舗は夕方6時には営業終了となってしまいますが、自動契約機は稼働時間が長く、夜遅くまで利用可能です。カードローンを申し込む際は、自宅の近くに自動契約機がある消費者金融を選ぶと何かと便利です。

キャッシングリボがショッピングリボより金利が高い理由

ショッピングカードには、キャッシング枠とショッピング枠でそれぞれお金が設定されており、

その枠内でカードが利用できるようになっているわけであります。

キャッシングリボというのは基本的にショッピングリボよりも高い値段で設定されている会社というのが多いです。

その差については会社によって異なりますが、おおよそ2~3%くらいさがあるようなケースもあります。

なぜ、この二つは似ているようなものであるのに金利設定が違っているのでしょうか?

これは基本的なお金の支払い方が違ってくることに原因があります。

ショッピング枠というのは基本的に、商品を買ったときの値段を会社が立て替えるわけですが、

支払いに関しては一括で支払うケースが多いわけです。 すぐにお金が返ってくる確率が高いですから金利は基本的に低めです。

逆にキャッシングリボ払いというのは、基本的に融資という形になり、返済に関しても一括ではなく長期的なお金の返済になりますので、

すぐにお金が返ってこないという言とそのリスクを考えるて、高めに設定されているというわけです。

同じようなものと感じていても、実はちょっとした違いや傾向がありますのでこういった金利面での差があるというわけです。

キャッシングの利息について

キャッシングは消費者金融会社などでサービスが提供されている個人向け融資の一種です。

キャッシングと似たサービスとしてカードローンがありますが両者の違いは返済方法にあり、プロミスATMのようなキャッシングは主に一括返済方式を採用しており、カードローンは主に残高スライドリボルビング方式の採用を行なっています。

利息にも少し違いがあり、キャッシングは一括で返済するのが主流である為、カードローンに比べて利息が高めに設定されています。

キャッシングとカードローンを使い分けるには、利息の違いと返済方法の違いを理解して、
どちらが利用者にとって利用しやすいかを考えて選択することが必要です。

急な出費に対応出来て効率的に返済が行えるようになります。

業者間での利息の比較では、会社毎に若干違いがあるので、
その違いを調べて利用することで返済総額を元金に近い額にすることは十分に可能です。

近年では銀行系キャッシングなどにおいて、
初回利用を条件に一定期間金利を無料にしてくれる業者が増えつつあります。

そのような業者を利用することで、返済の効率を上げることが可能になってきます。

消費者金融会社の利息を調べる方法として、
最もシンプルな物は消費者金融会社のWebサイトやパンフレットを見ることであり、
比較検討をして適したサービスを利用すると良いでしょう。

不景気で年収が減った!直ぐのカードローンは利用停止?一括返済を求められる?

銀行や消費者金融のカードローンは、必要に合わせて借り入れが出来るため、1枚持っているだけでも便利なサービスです。

しかし、利用者にとっての不安は、収入により利用限度額が設定される分、景気悪化による収入減少により不利益が出来るのではないかと心配になります。例えば、カードローンの新規借り入れ停止、契約条件から外れて一括返済を求められることが心配です。

ですが、審査時には収入で返済能力が査定されるものの、リスクを考慮した利用限度額が設定されます。そして、残業代などで収入が高い人は、変動要素が大きいものの、安定した収入という点では基本給による査定となるため、即時利用停止のリスクは低くなっています。

また、収入が減っただけで、一括返済を即時請求されるよりも、新規借り入れを停止し、借り入れ残高を選らすことが優先されます。もし、一括での返済を請求しても、対応できないとなると債務整理手続きが行われ、金融機関側が債権を回収できないというリスクの方が高くなってしまいます。

年収が減ったとしても、金融事故を起こさない限り、大きなデメリットを受けるケースは低くなっています。先ずは、返済に充てられる現金をしっかりと確保し、返済遅延や滞納を防げば不安に考える必要はありません。

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう